Implant

Implantインプラント

機能的に「噛める」
日常を取り戻す

むし歯や歯周病などで歯を失ってしまった場合は、今後の日常生活を変わらず送るために、失った歯を補う治療が必要です。歯を補わないと、噛む、話すなどの面で生活に支障を与えるほか、残っている歯にも負担をかけ他の歯の寿命を縮めてしまうことにもなります。
当院では歯を補う治療としてインプラント、ブリッジ、入れ歯の選択肢から患者さまのご要望に合わせて提案しています。

  • MAJOR DENTAL DISEASE インプ
    ラント

    自然に噛める
    安定した歯を取り戻す

    欠損した歯の代わりに人工歯根を埋め込み、人工歯を装着することで天然歯のように安定的に噛める歯を取り戻します。

    修復サイクルから考える再発リスクに備えた最適な治療アプローチ 修復サイクルから考える再発リスクに備えた最適な治療アプローチ
    インプラントの構造

    人工歯根・支台・人工歯で
    歯を再現するインプラント

    インプラントは、インプラント体とも呼ばれる人工歯根を土台として顎の骨に埋め込み、その上に連結部である支台(アバットメント)を用いて人工歯を装着します。
    人工歯は粘膜から上の歯の代わりとなる被せもので、セラミックやジルコニアなど様々な歯科素材で埋入します。

    インプラントの治療例

    欠損した歯の本数に合わせて、できるだけ負担の少ない治療を提案しています。

    • 歯を1本失った場合
      歯を1本失った場合
    • 歯を複数失った場合
      歯を複数失った場合
    • 歯を全て失った場合
      歯を全て失った場合

    インプラントの手術方法

    症例に合わせて適切な
    インプラント手術を採用しています。

    インプラント埋入「1回法」と「2回法」 インプラント埋入「1回法」と「2回法」

    インプラント埋入
    「1回法」と「2回法」

    インプラントの埋入手術には1回法と2回法があります。違いはその名の通り手術を1回で済ませるか、2回行うかです。1回法ではインプラントの一部を露出しておくため1回の手術で済みますが、2回法ではインプラントを歯肉内に埋め込むため、人工歯を装着するために再度手術をして歯肉を切開する必要があります。
    それぞれメリットデメリットがありますので、症例に合わせて選択しています。

    顎の骨が不足している
    ケースにも対応

    土台をつくる
    骨再生誘導療法

    インプラントを埋入するだけの土台になる骨がない場合は骨を形成することで対応が可能です。インプラント埋入したい場所に骨補填材を埋入し、歯槽骨を再生。インプラントを埋入する土台を形成してから手術を実行します。

    骨増生(GBR) 骨増生(GBR)

    検査体制

    安全にインプラント手術を行うための
    検査体制を整えています。

    CT撮影より三次元画像から安全にインプラントを埋入

    CT撮影より三次元画像から
    安全にインプラントを埋入

    安全に手術を行うために、血管や神経の位置、骨の状態を三次元で確認し、インプラントを埋入する位置や深さ、角度を決定します。身体的な負担を最小限にし、品質の高い治療を実践するために必要な検査です。

    治療の流れ

    インプラント治療開始までの流れを
    ご紹介します。

    01 カウンセリング
    01 カウンセリング
    治療説明とヒアリング

    しっかりとカウンセリングを行い、インプラントの治療法や手術の内容、検査についてご説明します。治療の費用や治療期間についてもお伝えします。気になることがあればお尋ねください。

    しっかりとカウンセリングを行い、インプラントの治療法や手術の内容、検査についてご説明します。治療の費用や治療期間についてもお伝えします。気になることがあればお尋ねください。

    02 術前検査
    02 術前検査
    お口の状態を正確に把握

    歯科用CTを使用して、インプラントを埋め込むために神経や血管の場所、骨の厚さなどを撮影し、診断します。正確に状態を把握することが安全な治療に繋がります。

    歯科用CTを使用して、インプラントを埋め込むために神経や血管の場所、骨の厚さなどを撮影し、診断します。正確に状態を把握することが安全な治療に繋がります。

    03 治療計画
    03 治療計画
    検査結果から治療方針を決定

    検査結果をもとに、治療計画を立案します。
    全身疾患についてもお伺いし、安全な手術を実行するための準備を行います。

    検査結果をもとに、治療計画を立案します。
    全身疾患についてもお伺いし、安全な手術を実行するための準備を行います。

    04 インプラント手術
    04 インプラント手術
    インプラント手術を実践

    症例や口腔状態に合わせて、負担が少なくスムーズに行える手術で治療します。
    全身を管理し、できるだけ負荷をかけない手術を実践しています。

    症例や口腔状態に合わせて、負担が少なくスムーズに行える手術で治療します。
    全身を管理し、できるだけ負荷をかけない手術を実践しています。

    05 術後ケア
    05 術後ケア
    治療後のインプラント管理

    手術後は経過観察を行い、定期的なメンテナンスで管理します。
    インプラントも天然歯と同じように歯周炎のリスクがあるためメンテナンスは必須です。

    手術後は経過観察を行い、定期的なメンテナンスで管理します。
    インプラントも天然歯と同じように歯周炎のリスクがあるためメンテナンスは必須です。

ブリッジ
・入れ歯

DENTURE
BRIDGE

ご予算や見た目の自然さ、症例に合わせた治療の選択肢をご用意しています。審美性や機能性、耐久性、噛み心地を考えて、長期的に噛むことができるようにご提案しています。

  • ブリッジ

    ブリッジ

    ブリッジ

    欠損歯に隣接した歯を使用して、橋渡しのように義歯を作ります。自然な見栄えがメリットですが、健全な歯を削らなくてはならないデメリットがあります。

  • 部分入れ歯

    部分入れ歯

    部分入れ歯

    着脱可能で歯肉の色をしたプラスチックの土台に人工歯がついている装置です。金属バネを残った歯にかけて使用します。金属のバネを使用しない審美性に優れたもの(ノンクラスプデンチャー)もあります。

  • 入れ歯治療

    入れ歯治療

    入れ歯治療

    着脱可能で歯肉の色をしたプラスチックの土台に人工歯がついている装置。顎提粘膜で噛む力を支持する無歯顎治療の中でもっともオーソドックスな治療法です。